【2020】台風14号の最新進路予想と現在の位置は?日本へ影響はあるかも調べてみた

2020年も10月に入り、台風の発生と影響が気になりますよね。

 

9月、10月の台風は本州や東北地方へ来る可能性が高いので

発生すると進路や影響は常に気になりますよね。

秋に発生する台風は、発生から日本へ近づくまでの速度がかなり早いため

より早く情報を仕入れて準備をするのが重要になります!

 

そこで今回は日本の南で発達している台風14号の

  • 最新進路
  • 日本への影響地域

を詳しくご紹介します。

ぜひ最後までチェックして、これからの備えに活用してください!

スポンサーリンク

【2020】台風14号の最新進路予想と現在の位置は?

現在発生している台風14号の最新情報を、更新しながらお伝えしていきます!

ウェザーニュース

世界最大手の民間気象情報会社ウェザーニューズ社(WNI)。

Twitterなどで目にすることは多いと思います。

精度も高く台風図もわかりやすいです。


10月5日台風14号が発生し

発達しながら日本へ向かっていますが、最初の予想図よりは少し離れて通るようになっています。

進路はまだ変わる可能性がありますが、日本へ上陸する可能性は低くなりました。

気象庁

こちらは気象庁発表の台風14号の情報です。

気象庁の台風情報

引用元:気象庁台風ページ

※台風の中心は必ずしも線に沿って進むわけではありません。
予報円は台風の大きさではなく、で台風の中心が70%の確率で入る範囲になります。

こちらは10月9日16時の画像です。

気象庁発表の勢力予想

●10月9日16時の勢力(現在)

強さ 強い
存在地域 足摺岬の南南東約230km
進行方向、速さ 北北東 ゆっくり
中心気圧 970hPa
中心付近の最大風速 35m/s(70kt)
最大瞬間風速 50m/s(100kt)

現在出ている勢力予想では、これ以上勢力が強くなることはなさそうです。

今回は雨台風と言われていますので、土砂・浸水・河川の氾濫・高波など、水辺に近い方は特に注意しましょう。

 

気象庁は台風や熱帯低気圧が発生すると3時間ごとに24時間予報を発表します。

台風が日本へ近づき災害に繋がりそうな場合は1時間ごとに位置と実況が発表されます。

5日先までの予報は6時間ごとに出るので、近づくまではそれを確認するのがいいですね。

Windy

こちらは風の動きなどをリアルタイムで見ることができるWindyです。


引用元:Windy

Windyはアメリカやヨーロッパ、スイスなどの気象予報を専門に扱う機関のデータをもとに作られていて

先10日間の天気を見ることができます。

下のバーで日付や時間、横のマークで雨や雷、風、波なども動きで見れるので

ちょっと雨雲の動きを見たいなんてときも便利です。

アメリカ米軍の合同台風警戒センター(JTWC)

アメリカの米軍の合同台風警戒センター(JTWC)は

台風がたまごの状態から一番早く確認でき、進路の発表も早いです。

アメリカJTWCの9日台風進路画像

引用元:JWCT

こちらは10月9日合同台風警戒センター(JTWC)の台風進路情報です。

日本の予報よりは南の海上へ離れている感じはありますが、進路としてはあまり変わらないですね。

JTWCの予報はかなり実際の進路と近いイメージです。

新しい情報が出たら更新していきますね。

 

アメリカは台風のたまごの表示は早いですが、そのまま台風にならず消えてしまうこともよくあります。

より早く情報が得られることはとても助かりますよね!

 

台風14号のたまごの発生からの情報はこちら

【2020】台風13号(クジラ)のたまごの現在位置は?進路と米軍・ヨーロッパの最新情報まとめ
2019年、台風19号で千葉県に大きな被害が出ました。 2020年も9号、10号が立て続けに九州を襲いましたが まだまだ強い台風が来る可能性が高いのが現状ですよね。 今年は7月に台風の発生が無かったため、9月、10...

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)

アメリカの次に台風情報が早いと思われるヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の情報です。

ヨーロッパ中期予報センターの10月8日の台風14号進路画像
引用元:ヨーロッパ中期予報センター

こちらは台風14号の8日の画像です。

台風になり雨が広がっている予想図となっています。

 

ヨーロッパはスーパーコンピュータによる予報で「世界一の数値予報精度」と言われていますが

10日間の予報が出るので日付が先になるほど精度は下がります。

 

また新しい情報があったら更新していきます。

スポンサーリンク

【2020】台風の最新進路予想

2020年の月別で、台風の進路傾向をウェザーニュースが発表しています。

台風進路図2020ウェザーニュースの画像
引用元:ウェザーニュース

10月の進路傾向は日本の九州〜本州あたりを太平洋沿いに通るような予想ですね。

10月7日の台風14号の進路予想はこちら

気象庁発表の台風14号進路最新画像
引用元:気象庁台風ページ

まさにそのような予報図になっています。

現在はかわってだいぶそれています。

気象庁の進路図

台風情報に警戒して、日常的に準備をするようにしましょう。

台風で準備しておくべき持ち物一覧まとめ!自宅避難・避難所に行く時必要なものは?
毎年日本列島へやって来る台風。 年々勢力が強くなり、来る地域も全国へ広がっていて、いつ来てもおかしくないですよね。 常々地震や台風など災害への備えを、と言われていますが 実際に準備してる人はそんなに多くはないと思い...

 

さらに秋は上空にある偏西風が合わさることで台風が加速します。

台風が加速すると特に台風の右側で威力が強くなり、短期間で日本に到達するので

勢力が強いままやってくることになります。

ウェザーニュース天気と進路、偏西風の影響の画像
出典:ウェザーニュース

現在の天気図がこちら。

気象庁発表の天気図10月7日の画像
引用元:気象庁

高気圧や前線影響でより進路が読みにくいようです。

 

2019年は台風により千葉県など関東でも多大な被害をだしました。

もし台風が来る予想が出たら、雨・風・水に最大限の警戒と準備

そして無駄になるかもしれなくても早めの避難を心がけましょう。

 

現在発生している台風14号のたまご発生からはこちら。

【2020】台風14号の最新進路予想と現在の位置は?日本へ影響はあるかも調べてみた
2020年も10月に入り、台風の発生と影響が気になりますよね。 9月、10月の台風は本州や東北地方へ来る可能性が高いので 発生すると進路や影響は常に気になりますよね。 秋に発生する台風は、発生から日本へ近づくまでの...

チェックしてみてくださいね。

【2020】台風14号の日本への影響は?

現在、日本へ近づく予想の台風14号ですが

日本への影響は8日に沖縄、南九州あたりから出ると見られます。

  • 8日(木)明け方頃ー大東島に最接近
  • 9日(金)から10日(土)頃ー奄美から九州に接近
  • 10日(土)から11日(日)頃ー四国から関東へ

福岡県、佐賀県は雨より強い風に注意が必要です。
8日は東日本で激しい雨が降るところがあります

台風が近づくとかなり大荒れの天気になるとみられます。

また、東日本でも秋雨前線が活発化し大雨の恐れがあります。

気象庁発表の10月5日の天気図画像

10月9日現在、三重県に波浪警報が出ています。

東海〜関東南部は土日にかけて災害級の雨の恐れがありますので注意しましょう。

予想雨量(10月9日現在)はこちらになっています。

今日〜明日昼まで
〜あさって昼まで
関東甲信 150mm 100~150mm
伊豆諸島 200mm 200~300mm
東海 400mm
近畿 300mm
四国 200mm

また新たに情報が出たら追記していきます。

関連記事

台風で準備しておくべき持ち物一覧まとめ!自宅避難・避難所に行く時必要なものは?
毎年日本列島へやって来る台風。 年々勢力が強くなり、来る地域も全国へ広がっていて、いつ来てもおかしくないですよね。 常々地震や台風など災害への備えを、と言われていますが 実際に準備してる人はそんなに多くはないと思い...

まとめ

今回は台風14号の

  • 最新予想進路
  • 日本への影響

をまとめてご紹介しました。

今の所日本へ近づく予報ですが、進路がはっきりしないため

これからの動きや新たな台風情報に注意が必要です。

こちらでも変化があったら更新してお伝えしていきますのでご覧ください。

2019年にもあったように、10月は台風被害が大きくなりやすい傾向があります。

台風などの災害準備は、日常的にしましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント