【2020】台風17号(ソウデル)のたまご発生は?最新進路と米軍・ヨーロッパ情報まとめ

2020年台風17号たまごの発生は?最新進路や米軍・ヨーロッパの情報まとめタイトル画像 生活

毎年勢いを増してやってくる台風。

ここ数年10月は大きな被害を出す台風が多いので

これからの発生と進路はかなり気になりますよね。

 

できることなら早く台風の情報や進路を知って

できる限りの対策をとりたいところです。

 

そこでここでは

  • 台風17号のたまご発生情報
  • 台風17号の進路予想
  • 米軍の合同台風警報センター・ヨーロッパ中期予報センターの最新情報

など

台風17号の発生やそれに関しての情報をまとめてご紹介していきます。

ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

スポンサーリンク

【2020】台風17号(ソウデル)のたまご発生は?

10月16日、台風17号(ソウデル)のたまごが発生ました

こちらは米軍の合同台風警戒センター(JTWC)の画像です。

アメリカJTWCの18日台風画像

アメリカJTWCの19日台風画像
引用元:JTWC

10月16日、に発生した台風17号のたまごの元。(上画像)

10月19日、熱帯低気圧になり、台風17号のたまごとなりました。(下画像)

台風に発達する見込みが出ていて、進路はフィリピン方面へ向かう予想です。

 

前回は

  • 10月12日に発生
  • 10月15日消滅
  • 10月16日2つ発生(94W,95W)
  • 10月17日1つ(94W)消滅、新たに1つ発生(95W,96W)
  • 10月17日1つ(95W)消滅、残り(96W)が台風17号へ

かなり頻繁に発生、消滅を繰り返しています!
日本に来るかはわかりませんが、次の発生も注意しましょう!

 

◯の色ごとの見方はこちらです。

  • 黄色丸→24時間以内の発達は考えづらい
  • オレンジ丸→発達しても24時間以上かかる
  • 赤丸→24時間以内に発達します
  • 赤矢印→TD:熱帯低気圧・TS/TY:台風
  • 水色丸は熱帯低気圧と温帯低気圧の中間的な性質

実際に日本で「台風のたまご」と言われるのは熱帯低気圧になってからなので

米軍JTWCの表示では赤丸〜赤矢印になってからになります。

 

でも近ごろは熱帯低気圧になってから台風になって上陸するまでの時間もどんどん短くなってきていますので

あえて黄色◯が発生した地点から追って紹介していきます!

気象庁の台風17号情報

現在の気象庁台風ページはこちらです。

気象庁19日の台風情報
引用元:気象庁台風ページ

存在地域 フィリピンの東
進行方向、速さ 西北西 20km/h(10kt)
中心気圧 1002hPa
最大風速 15m/s(30kt)
最大瞬間風速 23m/s(45kt)

フィリピンの東にある熱帯低気圧は、台風に発達する予想になっています。

西よりに進むので、日本への直接的な影響はない見込みです。

24日あたりには980hPaの勢力まで発達する予想が出ています。

 

また新しい情報が出たら更新していきます。

スポンサーリンク

リアルタイム表示のWindy

こちらは風の動きなどをリアルタイムで見ることができるWindyです。

こちらで見ると、20日頃から台風の渦がはっきり見えるようになります。

日本への直接の影響はなさそうです。

 

Windyはアメリカやヨーロッパ、スイスなどの気象予報を専門に扱う機関が公表したデータをもとに作られていて

先10日間の天気を見ることができます。

風の動きを見ることができるので、台風の風の渦が確認でき、範囲や影響もわかりやすいですのでおすすめです。

2020年の台風発生数

ウェザーニュースは、2020年の台風発生予報は26個前後と発表しています。

2020年現在の台風発生数はこちらです

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 年間
2020 1 1 7 4 3 16

26個を基準で考えるとあと10個以上は発生することになりますね。

 

気象庁には1951年からの台風データがあります。

過去5年の発生数はこちらです。

 1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月 年間
2019 1 1 1 4 5 6 4 6 1 29
2018 1 1 1 4 5 9 4 1 3 29
2017 1 1 8 5 4 3 3 2 27
2016 4 7 7 4 3 1 26
2015 1 1 2 1 2 2 3 4 5 4 1 1 27

気温や海面温度などの環境もありますが、今までの記録を平均すると

10月は平均3.7個発生しています。

10月の海面温度

台風発生には海面温度が影響していて

海面水温が26.5℃以上だと台風に発達しやすいです。

気象庁発表の海面温度画像

こちらは10月11日の海面水温の状況です。

関東より上はだいぶ温度が下がってきましたが、まだ台風が発生する海域は温度が高く台風が発生しやすいと言えます。

スポンサーリンク

【2020】台風17号の進路予想図は?

これから来る台風17号の進路はどうなるのでしょうか。

進路予想についてまとめました。

10月の台風進路予想

2020年の月別で、台風の進路傾向をWeathernewsが発表しています。

台風進路図2020ウェザーニュースの画像
引用元:ウェザーニュース

10月になると日本列島の少し下辺りの予想が出ています。

しかし、大型で強い台風になりやすい10月台風は本州太平洋側にかなりの影響が出る可能性があります。

本州や北海道あたりの方は特に警戒をしておく必要があります。

 

また、秋の台風は上空に偏西風が強く吹いているため

  • 加速して短期間で上陸
  • 台風の右側が風が強い

という傾向があります。

ウェザーニュース天気と進路、偏西風の影響の画像
出典:ウェザーニュース

過去に来た台風に見られるように、9・10月に来る台風は大きな被害をもたらすことが多いです。

早めの台風準備と対策が求められますね。

 

2019年は台風により千葉県など関東でも多大な被害をだしました。

もし台風が来る予想が出たら、雨・風・水に最大限の警戒と準備

そして無駄になるかもしれなくても早めの避難を心がけましょう。

スポンサーリンク

関連記事

台風で準備しておくべき持ち物一覧まとめ!自宅避難・避難所に行く時必要なものは?
毎年日本列島へやって来る台風。 年々勢力が強くなり、来る地域も全国へ広がっていて、いつ来てもおかしくないですよね。 常々地震や台風など災害への備えを、と言われていますが 実際に準備してる人はそんなに多くはないと思い...

【2020】台風17号の米軍(JTWC)・ヨーロッパ(ECMWF)の最新情報

台風の情報は、アメリカの米軍合同台風警戒センター(JTWC)とヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)も出しています。

そちら2つの台風17号のたまごに関する最新情報をご紹介しますね。

アメリカ米軍の合同台風警戒センター(JTWC)

アメリカの米軍の合同台風警戒センター(JTWC)は

一番早く台風のたまごが確認できます。

アメリカJTWCの14日台風画像
引用元:JWCT

↑この画面ですね。

現在は台風17号のたまごが「94W」で表示されています。

 

アメリカは台風のたまごの表示は早いですが、そのまま台風にならず消えてしまうこともよくあります。

しかしより早く情報が得られることはとても助かりますよね!

 

台風17号だけでなく、いくつか同時に台風のたまごが発生することもあります。

こちらでも台風17号のたまごが発生したら更新していきますのでチェックしてくださいね。

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)

アメリカの次に台風情報が早いと思われるヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の情報です。
ヨーロッパ中期予報センターの10月13日の画像
引用元:ヨーロッパ中期予報センター

スーパーコンピュータによる予報で「世界一の数値予報精度」と言われていますが

10日間の予報が出るので日付が先になるほど精度は下がります。

 

予想天気図なので、台風が発生していない現在、日本の近くでは何も確認されませんでした。

また新しい情報があったら更新していきます。

まとめ

今回は台風17号の発生や進路などの最新情報についてご紹介してきました。

10月16日、台風17号のたまごのたまごが発生しました。

発達する予想は出ていませんが 、連続で発生しているので注意しましょう。

 

年々勢いを増し大きな被害をもたらす台風。

秋台風は勢いを強くして本州を襲う可能性が高いです。

 

他にも直前になると欲しい物が手に入らなかったりするので

事前に準備できることは少しずつでも準備しておきましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント