村上かなこ(抹茶きな子)さんのプロフィールは?インスタ歴や過去のテレビ出演も調査!

村上かなこ(抹茶きな子)さんのプロフィールは?インスタ歴や過去のテレビ出演も調査!タイトル画像 トレンド

今回、マツコの知らない世界で「本格抹茶スイーツの世界」を紹介した村上かなこさん。

実は抹茶系インスタグラマー(?)としてはかなり有名な「抹茶きな子さん」ということがわかりました。

 

インスタやTwitterは驚くほど抹茶グリーンばかり!!

そんな村上かなこ(抹茶きな子)さんのプロフィールや抹茶にハマった経緯

実はメディアに出てたこともわかりましたのでまとめてみました!

ぜひチェックしてみてくださいね〜。

スポンサーリンク

村上かなこ(抹茶きな子)さんはどんな人?プロフィール紹介

村上かなこさんは、「抹茶きな子」さんとしてツイッターやインスタグラムをやっていて、もちろん抹茶好きの間では有名人だそうです。

番組でも紹介されてるように7000食以上の抹茶スイーツを食べるほど抹茶を愛する村上さん。

部屋の中や身の回りの持ち物、服や小物も抹茶グリーンで染め上げています。

素敵ですねw(私もつい抹茶色の服選んだりしますよ!)

 

他にも自宅にも抹茶を常備していて、抹茶スイーツを作るのはもちろん、いろいろな料理にかけたり

抹茶シチューや抹茶オムライスなど、メニュー開発にも勤しんでるそうです!

味の感想がある所がいいですねw

色んな意味で気になります。

スポンサーリンク

抹茶にハマったのはいつから?きっかけは?

村上かなこさんが抹茶に興味を持ったのは中学生。

お祖母さんの家でお菓子と抹茶を出してもらってたのがきっかけだそうです。

身近で抹茶を点ててくれる祖母の影響で、抹茶を美味しいと思い興味を持ちます。

 

抹茶スイーツにハマったきっかけは

地元福岡のお菓子「茶々一福(ちゃちゃいっぷく)」。

抹茶餡と抹茶の生クリームが求肥(お餅)に包まれ

抹茶の粉がたっぷりかけてあって抹茶の濃厚さがたまらないお菓子です。

わかります。もちもちと抹茶の組み合わせ、最高ですよね。

茶々一福で衝撃を受けた村上さんは、どんどん抹茶や抹茶スイーツにハマっていったそうです。

 

福岡の八女、星野村は有名で、星野村の抹茶はスイーツ店でもよく使われてます。

↑ちなみに茶々一福は通販もできますが、電話で連絡なので

混み合い&売り切れが予想されますので気になる方は急いでサイトへ!!

村上かなこ(抹茶きな子)さんの出身地と現在は?

村上かなこさんは

  • 福岡県出身
  • 京都・宇部在住(現在)

です。

福岡の大学に進学したものの、宇治抹茶の近くに行きたくて

京都造形芸術大学(現在の京都芸術大学。2020年4月1日に改名)に編入し京都で抹茶スイーツを食べ歩き

大学時代、2016年4月7日からからインスタグラムを開始しました。

 

2019年4月にはお茶や和スイーツを扱う中村藤吉宇治本店へ就職したとあります。

お茶の香りに包まれる、お茶や抹茶スイーツを扱うお店なんて最高ですね〜。

 

現在は抹茶をはじめさまざまなお茶について勉強中で、茶摘み体験や製茶工場を見学したりと

日々お茶への愛に溢れています!

スポンサーリンク

抹茶きな子(村上かなこ)さんのテレビ・メディア出演

2019年に#渡辺直美のヤバスタグラム(日本テレビ・2019年)

で取り上げられて話題になりました。

2020年1月22日には株式会社宇治田原製茶場が発行する月刊誌「茶の間」に掲載されました。

「茶の間」は日本茶と京都の情報を紹介している雑誌で

村上さんの記事はこちらから見ることもできます!

 

さらに2020年6月22日ではバゲット(日本テレビ 月~木曜日 朝10時25分~11時30分)

にも抹茶スイーツの紹介で登場!

「抹茶きな子」さんのインスタグラム、プロフィール下のアイコンから

  • 渡辺直美のヤバスタグラム
  • バケット

の動画が見ることができます。

よかったら見に行ってみてくださいね!

インスタ

2016年4月7日から開始

抹茶きな子
matchakinako

Twitter

2015年12月から開始

@GreenkinaTEA

まとめ

今回は、村上かなこ(抹茶きな子)さんのプロフィールや現在、メディア登場についてご紹介しました!

 

地元が福岡だったり、抹茶好きだったり、実はかなり親近感を感じた私。

これからも新しい抹茶スイーツをどんどん開拓していってくれると思いますので

ツイートやインスタグラムは目が離せませんね!

 

今まで出演されたヤバスタグラムやバゲットは

抹茶きな子さんのインスタグラからチェックできます!

茶の間のインタビューもぜひ見てくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント