【2021】台風13号のたまご発生は?最新進路と米軍・ヨーロッパの最新情報まとめ

【2021】台風9号のたまご発生!最新進路と米軍・ヨーロッパの最新情報まとめ 生活

毎年日本列島を何度も通り被害を与える台風。

台風6号、7号、8号が立て続けに発生し、さらに9、10、11号も同時発生となり、今後大きな台風が来る可能性があります。

そこでこちらでは少しでも台風を早く察知し、対策を立てられるよう

台風13号の発生や現在位置、進路予想などの情報をまとめてご紹介していきます。

  • 台風13号のたまごはある?
  • 台風13号は発生は?
  • 台風13号の進路予想は?

など、気になることを米軍・ヨーロッパの情報を含め全部まとめてご紹介していきます。

ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

スポンサーリンク

【2021】台風13号(コンソン)のたまごの発生は?現在位置も紹介

2021年9月10日現在、台風13号は熱帯低気圧に変わりました。

引用元:JWCT

台風13号「TS18w」は、12日(日) 3時、南シナ海で熱帯低気圧になりました。

現在は台風14号が発生しています。

◯の色ごとの見方はこちらです。

黄色丸→24時間以内の発達は考えづらい

  • オレンジ丸→発達しても24時間以上かかる
  • 赤丸→24時間以内に発達します
  • 赤矢印→TD:熱帯低気圧・TS/TY:台風
  • 水色丸は熱帯低気圧と温帯低気圧の中間的な性質

実際に日本で「台風のたまご」と言われるのは熱帯低気圧になってからなので

米軍JTWCの表示では赤丸〜赤矢印になってからになります。

 

でも近ごろは熱帯低気圧になってから台風になって上陸するまでの時間もどんどん短くなってきていますので

あえて黄色◯が発生した地点から追って紹介していきます!

2021年気象庁発表の台風13号の勢力や進路情報は?

気象庁の台風ページ画像はこちらです。

引用元:気象庁台風ページ

台風13号は熱帯低気圧になりましたので、台風14号のみが表示されています。

Windyのリアルタイム画像

こちらは風の動きなどをリアルタイムで見ることができるWindyです。


引用元:Windy

こちらでは下のバーで時間を進めて風や雨の動きを見ることができます。

特に台風の進路上にある場合は時間や風雨が見えるので、チェックするのにとても便利ですね。

 

Windyはアメリカやヨーロッパ、スイスなどの気象予報を専門に扱う機関が公表したデータをもとに作られていて

先10日間の天気を見ることができます。

風の動きを見ることができるので、台風の風の渦が確認でき、範囲や影響もわかりやすいです。

できるだけ早めに対策をしましょう。

スポンサーリンク

【2021】台風13号(コンソン)の進路予想図は?

これから来る台風13号の進路はどうなるのでしょうか。

進路予想についてまとめました。

 

毎年台風シーズンになると各月の台風の進路予想が発表されます。

2021年の進路予想はこちらです。

ウェザーニュース2021年台風進路予測
引用元:ウェザーニュース

過去に来た台風に見られるように、9・10月に来る台風は大きな被害をもたらすことが多いですが、8月あたりはは沖縄・九州〜日本列島を縦断する台風も発生します。

早めの大雨・台風準備と対策をしておくといいですね。

いつ台風が発生してもおかしくないので、日常的に準備しておくと安心です。

関連記事

台風で準備しておくべき持ち物一覧まとめ!自宅避難・避難所に行く時必要なものは?
毎年日本列島へやって来る台風。 年々勢力が強くなり、来る地域も全国へ広がっていて、いつ来てもおかしくないですよね。 常々地震や台風など災害への備えを、と言われていますが 実際に準備してる人はそんなに多くはないと思い...

【2021】台風13号の米軍(JTWC)・ヨーロッパ(ECMWF)の最新情報

台風の情報は、アメリカの米軍合同台風警戒センター(JTWC)とヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)も出しています。

そちら2つの台風13号のたまごに関する最新情報をご紹介しますね。

アメリカ米軍の合同台風警戒センター(JTWC)

先程少し紹介ましたが、アメリカの米軍の合同台風警戒センター(JTWC)は

一番早く台風のたまごが確認できます。

アメリカJTWCの24日台風画像
引用元:JWCT

↑こちらは現在の台風6・7・8号の画像になります。

アメリカは台風のたまごの表示は早いですが、そのまま台風にならず消えてしまうこともよくあります。

より早く情報が得られることはとても助かりますよね!

 

こちらでも台風のたまごが発生したら更新していきますのでチェックしてくださいね。

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)

アメリカの次に台風情報が早いと思われるヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の情報です。

ヨーロッパ中期予報センターの10月8日の台風14号進路画像
引用元:ヨーロッパ中期予報センター

こちらは台風が発生している時の画像です。

台風になり雨が広がっている予想図となっています。

 

ヨーロッパはスーパーコンピュータによる予報で「世界一の数値予報精度」と言われていますが

10日間の予報が出るので日付が先になるほど精度は下がります。

 

また新しい情報があったら更新していきます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は台風13号のたまご発生や進路などの最新情報についてご紹介してきました。


9月12日、台風13号は熱帯低気圧になりました。

 

年々勢いを増し大きな被害をもたらす台風。

少しでも早く情報を得て対策を立てることが命を守る鍵になります。

日常的に備蓄などの確保をするようにしておきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント